チャンサーのご紹介
はじめまして。
劇団「チャンサー」っていいます。
末永くアイシテね!!(長いメで。ノビシロありまス!)

vol.1 社会人劇団です

奈良の人にもっと芝居に触れてもらいたいと思い、何が足らないのかと考えた結果、
芝居は敷居が高すぎるのではないか?
なかなか手の出しづらいものになってるのではないか?
と。


わかりやすく言うと、野球にはプロ野球、社会人野球、大学野球、高校野球、草野球がある。
サッカーにだってあるし、たいていのものには素人レベルで参加できる受け皿がある。


では今の奈良ではどうか?
たしかに市民劇団はある。が、大阪や東京であるようなアマチュア劇団がない。
というかアマチュアなのかプロを目指してやってるのか、
プロ意識を持ってやってるのか
、非常にわかりにくくなっている。


そこで、
「まずは底辺になろう。基準を作ろう。
草芝居もあっていいんじゃない?」
「生活の中心に芝居を置くのではなく、
生活を中心として芝居に関わる。」



と思ったのが、最初。


アマチュアがいるからプロがいる。


お客様にも、そういう目線で見ていただければ、
プロの凄さをより体感していただけると思う。


vol.2 旗揚げのきっかけ

2009年2月に行われた図書情報館のイベントで集まったメンバーに、
もういちど芝居をやってみたいと言われたのがきっかけ。
「仕事や育児、家事をしてても芝居にかかわってみたい!!」という
同じ気持ちを持った人が集まってくれてて、じゃあこの勢いのまま劇団作ってしまえと。
結局、20〜70歳と幅広い年齢層と、
総勢16名?という県下最大級の劇団に。



vol.3 劇団名の由来

カムカムミニキーナ座長の松村さんに名付け親になってもらった。
酒の席で「名前つけてくださいよ」と頼んだところ、
「さんちゃんがいるからチャンサーやな。」
後日、名付け親になった記憶は無いと言われました。
チャンス→チャンサー→チャンスを生かす人?



※Chancer(チャンサー)=いちかばちかな人たち……!!デス。。。
ググってみました。(汗…あたってますかね?ワタシたち。)


▲このページのトップに戻る